現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る

営業カレンダー

2017年11月の定休日
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
2017年12月の定休日
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

※赤字は休業日です

  • NEW
商品コード:
osaka-02

なんぼ?

販売価格(税込):300
ポイント: 3 Pt
関連カテゴリ:
大阪弁ワッペン
大阪弁をキラキラのスパンコールで飾って ワッペンにしました。
これであなたも 大阪通!
「なんぼ」は、大阪の人なら、もう四六時中使う常用語。英語でいう「ハウ・マッチ?」、標準語でいう「おいくらですか?」のことだ。

お店に客がやって来る、商品を手に取る、そこで店員に向かって「ちょっと、これなんぼ」と問うのが大阪の日常風景。なんぼのボのところにアクセントを置いて、やや伸ばし気味にいうと、大阪弁風の疑問形になる。

大阪人はお店でお金を払う段になると、体質的に値切り交渉に入る、とよく世間に喧伝されている。一流百貨店でも、ブランドショップでも、はては海外のスーベニールショップでも、「まかりまへんか」とやっているらしい。真偽は別にして、東京の人などは、日本橋の電器屋街で、特価になっている商品を、まだ値引きさせようとする大阪人を見るとあきれるようだが、大阪人にとってこれは当然のビジネス行為。お店のほうも心得ていて、きっちり値引き巾を確保して値付けしているところが大半で、値ぎり交渉をしないほうが間抜け、という図式が大阪ではできあがっている。

そういうシーンでは必ず「おっちゃん、これなんぼにしてくれるん?」と軽いジャブの応酬が始まる。「ほんなら、この端数を引かせてもらいます」「気は心や、もうちょいおまけしい」…という大阪式ネゴシエーションが延々と続くのである。こういう時、“なんぼ”というフレーズを使いこなせることが、大阪を生き抜くためのサバイバル術になるわけだ。

  • サイズ:約H43mm × 約W43mm

  • アイロン、接着剤などで簡単にデコれます。

  • お洗濯の際はドライクリーニングもご利用頂けます。

  • 3mmスパンコール使用


  • 数量:

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

おすすめ商品情報

起死回生

販売価格(税込): 500 円

新シリーズ 四文字熟語のワッペン!

キスマーク

販売価格(税込): 100 円

新シリーズ モチーフワッペン!
モチーフの色は ピンクとブルー 2色あります♪

アメリカ

販売価格(税込): 300 円

国旗シリーズワッペン!
アメリカ

ROUTEワッペン(白)

販売価格(税込): 300 円

国道標識の USタイプ!
シールワッペンだから スマフォ、ヘルメットなど
いろんなところへ 貼れるよ♪

ドレスタオル 水玉 ピンク

販売価格(税込): 1,300 円

ハンドメイド ドレスタオルです。
キッチン、洗面所など いろいろな場所でお使いください。

ブルーアルファベット・A〜F・大文字

販売価格(税込): 250 円

スパンコールのキラキラが充実の存在感を放ちます。

Wハート

販売価格(税込): 300 円

女子にはゼッタイ外せない、ハートをダブルで。

フシギノクニエ

販売価格(税込): 1,800 円

アリスの部屋シリーズ!
5点セットのワッペンです!
シリーズでどうぞ!