現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る

営業カレンダー

2017年11月の定休日
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
2017年12月の定休日
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

※赤字は休業日です

  • NEW
商品コード:
osaka-03

あかんあかん

販売価格(税込):300
ポイント: 3 Pt
関連カテゴリ:
大阪弁ワッペン
大阪弁をキラキラのスパンコールで飾って ワッペンにしました。
これであなたも 大阪通!
英語におけるノーと同じで、大阪人はこの言葉を四六時中使っている。
相手の話を否定するとき、子どもをしかるとき、頼み事を断るとき、何か失敗をしでかしたとき、万事休したとき…。万能用語的に「アカン」は使われる。
大阪では警察や地下鉄など、公的な機関が発行しているポスターでも、「痴漢、アカン!」とか「捨てたら、ア缶」といったダジャレのノリで、けっこう使われている。それだけ、庶民に親しまれている、日常ワードだといえる。



英語のノーと同じで、シチュエーションによって、その意味も多彩に変化する言葉だが、本来の語源は、「埒(らち)明かぬ」の略であるという。物事がうまくいかないことや、それをしてはならない、といった打ち消し的な意味を持つ言葉である。正式に言うと「明かない」で、それが大阪弁流に変化して、「あかん」になったわけだ。
よく対比されるのは、関東弁の「いかん」である。「○○してはいかん!」と言われると、大阪人としては、非常にオフィシャルな意味で厳禁されているように思えて圧迫感を感じてしまう。ところが、「そないなことしたら、あかん」になると、「ちょっとぐらいやったら、ええんとちゃうの」みたいな解釈になってきて、大阪人の身体感覚にもマッチしてくる。
例えて言うなら、ぴったりしたソックスではなくて、ルーズソックスのような、ぴちぴちのパッチではなくて、ゆるゆるのステテコのような、そんなゆとり系の感覚が、大阪では好まれるようだ。つまり大阪の人は、頭から押さえつけられるのは、嫌いや、ちゅうことですね。

  • サイズ:約H43mm × 約W43mm

  • アイロン、接着剤などで簡単にデコれます。

  • お洗濯の際はドライクリーニングもご利用頂けます。

  • 3mmスパンコール使用


  • 数量:

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

おすすめ商品情報

起死回生

販売価格(税込): 500 円

新シリーズ 四文字熟語のワッペン!

キスマーク

販売価格(税込): 100 円

新シリーズ モチーフワッペン!
モチーフの色は ピンクとブルー 2色あります♪

アメリカ

販売価格(税込): 300 円

国旗シリーズワッペン!
アメリカ

ROUTEワッペン(白)

販売価格(税込): 300 円

国道標識の USタイプ!
シールワッペンだから スマフォ、ヘルメットなど
いろんなところへ 貼れるよ♪

ドレスタオル 水玉 ピンク

販売価格(税込): 1,300 円

ハンドメイド ドレスタオルです。
キッチン、洗面所など いろいろな場所でお使いください。

ブルーアルファベット・A〜F・大文字

販売価格(税込): 250 円

スパンコールのキラキラが充実の存在感を放ちます。

Wハート

販売価格(税込): 300 円

女子にはゼッタイ外せない、ハートをダブルで。

フシギノクニエ

販売価格(税込): 1,800 円

アリスの部屋シリーズ!
5点セットのワッペンです!
シリーズでどうぞ!